不肖の倅、母に灸を据えられたのも一瞬、程なくして首領・N、お出まし

長男が妻にお灸を据えられている日にち、弊社が笑い声を潜めていると、さらにけたたましい響とともに玄関が開いて先頭が入ってきた。風の音が止んです途端、木の葉をざわつかせるのをやめた木々のように両親らは一斉に黙って言動を正していました。その瞬間、ティーンエイジャーはこちらに気が付くと、ここぞってばかりに呼ぶように言い放ちました。「何とかそう!お前達誰かって思えば、A・IってM・Tじゃねーか!両者揃って……いてえ!」その科白を封じるように「パァン!」という講堂になるほどの沸騰響がしたかと思えば、三若者の妻のフラッシュがN・Tの顔面に沸騰しました。職種を辞め、挙句の果てには妻に殴られる。そんなろくでも薄い紳士が目の前にいました。先頭も含めて、その場に居合わせたお客様の多くが困惑している消息筋、自身というM・TはN・Tを前に静かな笑い声を漏らしていました。一悶着あったものの、道場の講堂を通じて混合批判会が始まりました。頭部にスノー髪を携えた先頭は、ホームページに掲載されていた撮影よりも多少年齢を重ねている感触はあったものの、その懺悔的面影は敢然と残っていました。「さて、やにわにですが人々。『歓び』は一体何でしょうか?」この間、ホームページで閲覧したような訓練内容の批判がしげしげと延々と貫くのかといった思えば、N・Mという言い張る先頭は突如として考え方的題に切り込んでいきました。