生活していく中で妖精といった喧嘩したりもして

自分が紹介する戯画は、ミルモでポン

という戯画だ。ミルモでポンは、

乙女戯画のちゃおで長く掲載されていました。

また戯画はもちろんマンガにもなり、

映画も発売されるなど多くのお嬢さんから

おっきい人気を得ていた戯画でした。

 

こういう戯画は掌体積のちっちゃな妖精が

人材って様々なことを一緒にはたらき生活していく

という話だ。主役の恋愛や恐れなどを

一緒に解決していきます。妖精といった人間のライフスタイルが

メインとなり眩しいフィクションな戯画に

なっています。

 

主役以外の奇抜も妖精と共に

生活してある。主役の側も個性豊かで

恋愛にあたって相手の側や恋など

様々です。妖精もアイデンティティーさまざまだ。

男児の妖精というお嬢さんの妖精がいて

お菓子が大好きな妖精もいれば、

忍者という妖精もいて様々です。

 

生活していく中で妖精といった喧嘩したりもして

これを通じて主役の人間らしい心の成長や

妖精の心の成長が見て取れます。

 

お嬢さんが愛くるしいと思えるような妖精で、

こういう戯画を読むとあんな望ましい妖精と共に

暮らしてみたい!と思ってしまいます。

主役の恋愛の行先にも、やけにわくわくして

ドキドキしてしまう。応援したくなるし、

可愛いなぁと思いました。