聖水を売り物にした山師

とある講習で、学徒が焼身自殺を図りました。その後に担任になったおかあさんの教師は、除霊ができる霊媒師だ。その師範が有する聖水が、内容のきっかけになっていきます。

 

師範が霊媒師ですなんて、年齢ごろのクラスメイトは誰も信じられません。ただし師範が来てから、講義の兆候が変わりました。不快風情がなくなり、清々しくなってきたのです。学徒も真面目なよろしいキッズ陣になってきて、表向きは師範のお陰で講義が良くなっていったのです。

 

ただし師範は、聖水を売り物にした山師でした。大して覚えていませんが、聖水欲しさに講義を自ら掃除する学徒もいたと思います。「師範…聖水ちょうだい…。」といった迫るルックスは不規則だ。

 

主役はそういった師範にヒアリングを覚えていました。そうして、聖水を考えるフィールドを目撃してしまう。誠に、第三国から高いお金で取寄せてるといった聖水は、師範の手で作られていました。因子は、師範のおしっこといった覚醒剤だ。師範もシャブミドルでした。最後は、学徒たちに師範がおしっこをかけていた気がします…。

 

師範にて講義が壊れて出向く声明は、同じく関よしみ様の「壊れた狂室」に似ています。「マッドクラス」には不愉快描出はあまりありませんが、こちらも異常な講習でした。