どうしても苑中継さんをお奥様に迎えにしまう

川原泉師範ならではのラブストーリー、「架空の森」という作をご紹介します。

 

 

ヒーローの苑中継は、剣道の道場を営む祖父母と共に住む、寡黙な少女。

 

我が家の周りは、裏には奥深い森があり、物静かでした。

 

そんな物静かな実情を打ち破るように、ある日近所に、呆れるほどオシャベリな少年織人物(おりって)が、マミーといった2人材、近所に越して来ました。

 

 

織人物は、苑生の祖父の道場に入門し、洗いざらい苑中継に懐きます。

 

あまりのオシャベリにうんざりしていた苑中継ですが、本当は母子家庭であるマミーに、寂しい心境をさせないよう、織人物は口数が多いだと、理解します。

 

 

そういった織人の我が家に、ある日怪しく外人がうろつくようになります。

 

本当は、織人物はアメリカの大実業家の隠し子で、アベック関連が冷え切った、利潤目当ての実業家の女から大事を狙わていて、無名を転々としていたのでした。

 

 

その女が放った殺し屋を捕まえ、女との離別がセーフティ成立した織人の父は、マミーとともに織人物を米国に呼び寄せます。

 

その時、織人物はわめきながら「どうしても苑中継さんをお奥様に迎えにしまう」と誓うのです。

 

 

時はたち、大人になった苑中継は、バカてしまった祖母の課題を見ながら、祖父の剣道場所のケアを通じていました。

 

ですが、相次いで祖父母は亡くなり、苑中継は、27年齢として分家の中年から見合いを求められます。

 

見合いのための服を買いに行く苑中継ですが、ぜんぜんロマンスに無縁結果、どんな服も今ひとつ。

 

その時、ふと見かけたとある物を着て見合いをし、パートナーを激怒させてしまうのです。

 

 

苑中継が買ったのは、間違えて服店にあった、ゴジラの着ぐるみ。

 

一世一代の面白のつもりで、ゴジラになった苑中継はパートナーを怒らせてしまったのです。

 

その時、適切青年に成長した織人物が、コミット通り苑中継を迎えにしまう。

 

ゴジラのままアフターケアに出た苑中継を、織人物は笑って盛込み、プロポーズ決める。

 

織人物には、苑生の面白が通じたわけです。

 

 

誓いを守り、苑生の一風変わった面白を理解できる織人物が、すごくカッコイイですよ。http://syuudengotl.x.fc2.com